緑風荘

京都といえば鯖寿司!!鯖寿司がお土産についた!!毎月変わる京会席のぷらん
その昔、鮮魚の手に入りにくかった京都の人々にとって、
日本海で取れた塩漬けの鯖は大変なご馳走でした。
鯖寿司は今でも、お祭りやお祝いの席で出される特別なお寿司です。
その鯖を酢で締め、すし飯と合わせたのが鯖寿司のはじまり。
鯖寿司を手がけている京都にしひがしが、
みなさまに鯖寿司のお土産をお届けいたします。1グループに一本お渡しいたします。
夜のお料理は毎月変わる京会席にて、ごゆっくりお楽しみ下さい。
お渡しは最終日の朝にお渡しします。消費期限は、お渡し日含み2日です。
追加でお買い求めの場合は、一本3150円です。

鯖寿司の歴史は、京都府寿司生活衛生同業組合サイトより引用しております。

京都といえば鯖寿司!!鯖寿司がお土産についた!!毎月変わる京会席のぷらん
京都といえば鯖寿司!!鯖寿司がお土産についた!!毎月変わる京会席のぷらん
和室8畳◆バス(洗い場付)◆洗浄機付トイレあり
和室8畳◆バス(洗い場付)◆洗浄機付トイレあり
●4月京会席お献立

 向附 桜鯛 縞鯵 竹の子【湯葉 蕨 花弁独活 山葵】
     桜の咲く季節、真鯛も桜の花のような
     美しい紅色になり「桜鯛」と呼ばれ、
     旬を迎えます。京都で取れた朝掘りの筍をお造りで。

 焚合 筍のお鍋【若布 菜の花 湯葉 鯛の子 桜麩 木の芽】
     まさに春が旬の筍、孟宗竹が琉球を経て、
     薩摩へ渡ったのは十八世紀ごろ
     京都へいち早く移植され、
          京都名物になり「朝堀竹の子」は柔らかく絶品です。  

 焼物 鱒と筍の木の芽焼き【豆乳ちーず ずっきーに ぱぷりか】

 間肴 鰻よもぎ饅頭【銀餡 山葵】
     季節ごとに趣向を凝らしたお饅頭を蒸しものにして、
     味わっていただきます。
     今回の春は、芋を蒸し裏漉ししたペーストに、
     よもぎを混ぜ鰻を包み、饅頭にしました。
          よもぎの香りが春らしい一品です。

 油物 油目白扇揚げ【子持諸子唐揚げ たらの芽 新じゃが】 
                           ~他四品~

 *素材の都合で一部お献立の変更がある時もございます。
  特に筍は、季節ものの為天候等により仕入れ不可能な場合もございます。
  ご了承下さい。 
 
 
 
●駐車場は、無料です。どうぞご利用下さい。
 東・西本願寺まで歩いて5分、6階大浴場も好評です。

●特典  
 誕生日・結婚記念日等何かの記念日がある場合、
 お申し付け下さい。心ばかりのサービスをさせていただきます。

●京都駅よりタクシー約ワンメーター5分、西洞院五条より南へ
 約150メーター東側

詳細
お食事
朝夕食付
夕食
お食事処でご用意を致します。
時間は17:30 18:00 18:30 19:00 19:30で終了は21:00になります。
朝食
お食事処でご用意を致します。
時間は7:30 8:00 8:30です。
チェックイン
16:00~ 19:00
チェックアウト
10:00

このプランで選択できるお部屋

お部屋により空室状況と料金が異なります。ご希望の条件で予約ができない場合はお部屋の変更をお試しください。

和室8畳◆バス(洗い場付)◆洗浄機付トイレあり

ごくベーシックな造りの和室となっております。
改装からは約20年がたちましたが、お部屋を清潔に保つことを心がけまして
お客様をお迎えしております。
浴室・テレビ・電話・冷蔵庫・洗浄機付きトイレ完備となっております。

アメニティー ボディーシャンプー・シャンプー・リンス
       タオル・バスタオル・歯ブラシ・浴衣

当旅館では環境対策としまして、
お部屋のエアコンと照明の電源をお客様が到着された時に、
入れさせていただきます。ご理解と御協力の程、宜しくお願い致します。

しばらくお待ちください。